ここがあの女のハウスね

野鳥と旅行とその他のログ

大阪の空堀商店街近辺で路地ばっかり撮ってきた

松屋町から谷町六丁目までの間に素晴らしい町並みの商店街が有ることを知ったので写真を撮りにいってきました。

主に路地写真ですが貼っていきます。

f:id:nappai1:20160724234259j:plain
いりぐち。
腹ごしらえをして探検スタート。





f:id:nappai1:20160724234301j:plain
この街は坂が多い。


f:id:nappai1:20160724234302j:plain
変わったところにポストが有る。


f:id:nappai1:20160724234300j:plain
家の人がちょうど帰ってきて「どうぞ撮ってください」と言われてしまった。
ばしばし撮らせていただいた。

f:id:nappai1:20160724234303j:plain
盆栽や植木が車道に並んでいた。
先ほどの花屋で買ったものなのかもしれない。

f:id:nappai1:20160724234304j:plain
わたしならこの道幅でも車をぶつける自信がある。



f:id:nappai1:20160724234305j:plain
宅配も自転車じゃないと不便だ。



f:id:nappai1:20160724234306j:plain
奥にある看板が気になって入った。


f:id:nappai1:20160724234307j:plain
看板より手前のギャラリーの方が存在感が強すぎた。


f:id:nappai1:20160724234308j:plain
こんなところも微妙に坂になってる。


f:id:nappai1:20160724234309j:plain
商店街に繋がる道も坂。


f:id:nappai1:20160724234310j:plain
商店街の中にあるマンション(と思う)
日光が強かったので、カーポートのようなものが光を受けて紫色に輝いていた。


f:id:nappai1:20160724234311j:plain
コーヨー。
私の知ってるコーヨーはもっと都会的な店構えのイメージ。


f:id:nappai1:20160724234312j:plain
ロゴが非常に可愛い。


f:id:nappai1:20160724234313j:plain
明暗差のある路地が好き。
奥にはまたギャラリーがあった。


f:id:nappai1:20160724234314j:plain
久しぶりにこういうのを見た。
友達の家がやってたなぁ。

f:id:nappai1:20160724234330j:plain
今までにない感じの路地。
ちょっと入るのが怖い。


f:id:nappai1:20160724234315j:plain
坂道と電線。

f:id:nappai1:20160724234317j:plain
ちょっと涼しげ。夏っぽさ。


f:id:nappai1:20160724234318j:plain
いろいろとむき出しな路地。


f:id:nappai1:20160724234319j:plain
空を見上げて暑さにうんざりする。



f:id:nappai1:20160724234320j:plain
路地の奥。


f:id:nappai1:20160724234322j:plain
府道30号線。
DVDダビングの文字。
ダビングという言葉を長らく聞いていない。

f:id:nappai1:20160724234323j:plain
路地と電線。
やはり坂道が多い。

f:id:nappai1:20160724234324j:plain
入口が遊園地のアトラクションのようだ。
ごはん屋さんらしい。


f:id:nappai1:20160724234325j:plain
この辺の路地に比べると比較的広い。
ロシア料理がある。ロシア料理って食べたことない。

f:id:nappai1:20160724234326j:plain
1台だけ。
隙間を有効活用する匠のリフォーム術。
ホームではないが。

f:id:nappai1:20160724234321j:plain
モータープールなんて響き久しぶりに聞いた。

f:id:nappai1:20160724234327j:plain
やはり坂道。
坂道があると面白い構図になる。

f:id:nappai1:20160724234329j:plain
山盛りに。
実家の近くにもこういう家があったが、いつの間にかとり壊れていた。
破裂するのではないか。


f:id:nappai1:20160724234328j:plain
奥は真っ暗。
こりゃ駐車しても後ろにぶつけて終いだ。

f:id:nappai1:20160724234331j:plain
新しいのか古いのか分からない。

f:id:nappai1:20160724234332j:plain
この車が宅配でもしているのだろうか。

f:id:nappai1:20160724234333j:plain
こんな看板もいずれなくなってしまうのだろうか。

f:id:nappai1:20160724234334j:plain
突然そびえ立つ椰子の木。
高層マンションが背景に写ると異様に感じる。

f:id:nappai1:20160724234335j:plain
横開きの扉は祖父母の家でしか見かけない。


空堀商店街近辺は少し昔に還るような建物が多かった。その一方入りにくい建物も多かった。
私には一歩踏み入る勇気は無いので、次回訪れたとしても遠くから写真を撮るだけなのだろう。



おわり