ここがあの女のハウスね

野鳥と旅行とその他のログ

アヒルさんたちの楽園 その1[市場池公園]2017.04.22

4月22日の市場池公園です。

アヒルさんにたくさん会えると聞いて市場池公園にやってきました。

f:id:nappai1:20170503180046j:plain
さっそく大きな看板が。
アヒルがとても大切に扱われているのが伺えますね…。

f:id:nappai1:20170503180048j:plain
こちらがアヒルさんのお家のようですね。



f:id:nappai1:20170503180014j:plain
こんにちは~…。
アヒルさんを探して池側に向かいましたが、どうやらごはんを探しているようでこちらには見向きもしません。


f:id:nappai1:20170503180015j:plain
「!」
カルガモを発見したようで急ぎ足で向かっています。


f:id:nappai1:20170503180016j:plain
特に何かが起こるわけでもなく、難なくすれ違う2羽。
ところでこのカルガモ、嘴の少し上に怪我なのか身が見えちゃってますね…。喧嘩でこうなったならまだしも、何かに引っかかってしまったのかな。
釣りをしている人はこの日は見かけませんでしたが…。兎にも角にも可哀想でなりません。


f:id:nappai1:20170503180017j:plain
一方アヒルさんたちは出張先から帰ってきたようです。


f:id:nappai1:20170503180018j:plain
君たちはかなり早く泳げるタイプのアヒルさんだね。


f:id:nappai1:20170503180019j:plain
そのあと定位置にすっと戻ってしまいました。
定位置というのは橋の下にあるちょっとした隙間です。


f:id:nappai1:20170503180049j:plain
この下にアヒルさんは密集しており、くつろいでいるようです。
確かに影になって涼しそうです。
泥もたくさんありますしね。


飽きたのか、さっきのアヒルさんは直ぐ定位置から出てきました。


f:id:nappai1:20170503180020j:plain
どうやら❝ちゃんとした❞お家に帰ってるみたいです。
f:id:nappai1:20170503180021j:plain
f:id:nappai1:20170503180022j:plain
f:id:nappai1:20170503180023j:plain

よいしょよいしょ。と無事登りきり、くつろぎ始めました。
ずいぶんと居心地が良さそうです。

f:id:nappai1:20170503180050j:plain
f:id:nappai1:20170503180043j:plain



くつろぎ始めたアヒルさんたちの邪魔は出来ないので、移動しようとした所ヒドリガモさんの脱走現場に遭遇。
f:id:nappai1:20170503180024j:plainf:id:nappai1:20170503180025j:plainf:id:nappai1:20170503180026j:plain


先程のアヒルさんたちもここから出入りしていたんですね…。



市場池公園は池としてはそんなに広くありませんが、浮島がいくつか作られており、たくさんのアイガモさんが休憩していました。
f:id:nappai1:20170503180027j:plain
こちらの方々や、

f:id:nappai1:20170503180028j:plain
こちらの方々や、

f:id:nappai1:20170503180038j:plain
こちらの方々…。


あまりにも居すぎて見分けがつかないので省略しますが、マルガモさんっぽい方や本物のカルガモさんっぽい方、そしてアヒルさんとアイガモさんっぽいものが共存しているようです。


f:id:nappai1:20170503180039j:plainf:id:nappai1:20170503180041j:plainf:id:nappai1:20170503180040j:plainf:id:nappai1:20170503180042j:plain
お茶漬けCMくらいには出られそうなくらい美味しそうに飲まれていますね。




枚数が多くなってきましたので続きます。